歯医者さんのいろいろ【歯科利用についてのあれこれ】

保険について

歯を失う前と同じように快適に過ごせる最先端の治療法

歯は独立してはいるのですが、互いに影響しあっています。従って、歯は1本でも欠けるようなことがあってはならないのです。仮に1本でも歯が欠ければ、すべての歯のバランスが崩れてしまい、残っている歯が虫歯になりやすくなりますし、また、歯周病にもなりやすくなります。ですから、例え1本だけであっても歯を失ってしまったら、直ちに補う必要があるのです。 但し、歯を補うことは簡単そうに思えて、実は難しいことなのです。歯の最も重要な役割は噛むことであり、強く噛むことができなければ歯の役割を果たしているとはいえませんが、補った歯は、その噛む役割を果たすことが厳しいのです。 しかし、最先端の治療法、インプラント治療で補った歯は、噛む役割も果たすことが可能です。従来の治療法で補った歯が噛む役割を果たせないのは、しっかりと歯が固定されていないからです。インプラントは歯茎に埋め込んだ人工歯根に人工歯を装着する治療法となるのですが、人工歯根は顎骨に強固に結合しています。ですから、強い力で噛んだとしても平気なのです。 歯を失ったとしても、インプラント治療を施せば、歯を失う前と同じように快適に過ごすことができます。

一般的に高額な治療費に対処する策

ただ、インプラント治療は、ごく一部しか保険適用が認められていませんから、大方、保険適用外の治療となります。インプラントは、非常にコストがかかる治療法です。そのコストを全額、自己負担しなければなりませんから、治療費は高額となっています。インプラント治療の治療費は、平均すると1本あたり30万円程度もかかってしまうのです。 ただ、保険適用外の治療に関しては、治療を行う歯医者が独自に治療費を決めていますから、中には十数万円で治療を行っている歯医者もあります。また、年間に10万円以上医療費の支払いをしている場合、医療費控除という所得控除の1種を受けることができますから、医療費控除を受けることで、実質、治療費は安くなります。加えて、実際に治療費は安くなりませんが、分割払いに応じている歯医者がありますから、その歯医者で治療を受ければ、治療費の負担は軽減されることになるでしょう。