オンライン面接の導入

面接

情報漏洩対策も重要

企業が新たな社員を採用する際には応募者の面接を行い、社内の採用基準に照らし合わせて合否を決めるのが一般的です。しかしながら従来の面接方法では面接官の人件費や面接スケジュールの調整などに一定のコストがかかり、応募者多数の場合は事前の書類選考も必要です。応募者にとっても遠隔地に住んでいる人は面接場所までの交通費や宿泊費の負担が大きく、落選した場合のリスクを考えて応募を躊躇する例が少なくないものです。書類選考の精度を高める目的や面接を合理化する目的で、最近では無料テレビ電話などを利用したオンライン面接を導入する企業が増えてきました。スマートフォンがあれば面接企業者が気軽に応募できることから、こうしたオンライン面接はスマホ面接とも呼ばれています。企業の側でもスマホ面接を導入することで事前の書類選考に応募者のインタビュー動画が加わり、合否を判断する有力な材料となります。スマホ面接を導入している企業には応募しやすくなるため、遠方に住んでいる優秀な人材を確保できる点が大きなメリットです。IT技術の導入に積極的な企業から熱い注目を浴びているスマホ面接ですが、導入する際にはいくつかの注意点もあります。既存の面接をこうしたオンライン面接と完全に置き換える場合は、営業担当などコミュニケーション能力が問われる部署以外の社員に限定するのが無難です。スマホ面接は一般的な無料テレビ電話を利用することでも実施可能ですが、それらはセキュリティの点で不安があるとも言われています。面接官のID流出など情報漏洩を防ぐためにも、スマホ面接専用の有料システムを選ぶようにするといいでしょう。動作が不安定で録画中のトラブルも考えられる無料テレビ電話と比べ、スマホ面接システムは安定性が高さという点でも利用価値があります。スマートフォンでも快適に操作できるスマホ面接は、企業の明日を担う若者たちの支持を着実に集めているのです。

Copyright© 2017 社員のスケジュールを専用ソフトで管理しよう|利点とは All Rights Reserved.