気軽に情報共有するために

男女

メールや電話はもう古い

今までビジネスの世界で自分の意思や職場の情報を伝達する際に利用されるコミュニケーションツールといえば、メールや電話が主流でした。しかし近頃はメール以外のコミュニケーションツールも活用されはじめています。今はどの企業でも当たり前に社内SNSやチャットなどがメールや電話にかわる主のコミュニケーションツールとして使われているのです。相手のタイミングに合わせる必要のある電話やメールより、もっと楽に社内で情報を共有できたり、メールに比べ気軽にたくさんの人間とスムーズなコミュニケーションが取れることから日々の業務も円滑に進められ、社内の良好な人間関係の構築にも一役買っているといえます。仕事上最も気を使うのが人間関係です。ビジネスの相手方に気をつかうのはもちろんのこと、社内での人間関係は仕事がスムーズに進むかどうかにも関わる大切なものだからです。職場でうまくコミュニケーションが取れていないとトラブルになるきっかけにもなりえます。近頃よく聞くセクハラやモラハラ、パラハラなどのハラスメントや職場内でのいじめなどにもつながる危険性もあるのです。コミュニケーションがうまく取れてないだけでなぜそこまで問題になるのかと疑問に思われるかもしれませんが、コミュニケーションを取るというのは相手の事を知りたい。自分の事を相手に知ってもらいたいと思うことです。仕事上で知り合い、仕事をするだけの仲間と割り切って付き合うのに比べて相手のことを思いやれる素晴らしい関係を築けるからです。そのためにも新しいコミュニケーションツールを活用していくのは大切だと思います。

Copyright© 2017 社員のスケジュールを専用ソフトで管理しよう|利点とは All Rights Reserved.